スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPad

1月28日(木)早朝三時すぎに、よくあることだが目が覚めてしまい(初老力発揮)
「そういえばこの時間AppleTabletの発表があるな。どれどれジョブスはどんなもの
を見せてくれるかの」と

速報サイトを探す。

前置きがいろいろあって…。




iPadのロゴ。「~。iPadかぁ名前多くの人が予想した通り」

そして iPadの画像  ドーン。

第一印象 「うわぁ、カッコわる~」 

ズングリした縦横比。 
黒縁の幅が広過ぎて野暮ったい。 
四隅のアールがなんとも中途半端な設定。
もっと大きいか小さいアールのほうがいいのでは。

……。

その後、様々な角度の画像や動画をみる。ウラ面やサイドのアルミ部分の形状、特に
ウラ面のなだらかな量と素材の処理がキレイな印象。

伝統的にApple製品は細部の処理までよく気を使ってあり、これも実機を見ると好印象
に変わってくるのだろうか。
iPad

今のところ オモテ面 ×  ウラ面 ◎ の感想。

こんな記事があった ↓ iPadのタテヨコ比の秘密

http://maclalala2.wordpress.com/2010/01/30/画面サイズに何かのヒント?/

へ~、面白い見方です。



iPodのような革命的な製品になるんでしょうかね。
でも私はまず 遅ればせながらiPhoneですね。次期モデル狙い。





スポンサーサイト
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。