スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャラクターイメージ

主要な3人の登場人物(武藤秀夫警部補、沖田誠次巡査部長、N新聞・社会部記者・宮沢恵子)
のキャラクターイメージデッサン(鉛筆+水彩)を小説家の渥美饒兒さんと静岡新聞文化部長
の山下さんに送る。

私の描いたキャラクターと渥美さんがイメージ想定していたものにギャップがある
とのこと。具体的な俳優の名前があがる。

武藤は○○○○○(←伏せ字にした)のイメージだそうだ。

無骨で無器用な大男。

なるほど納得、思いつかなかった。
キャラクターを想定するのに身の回りの人や俳優、スポーツ選手など著名人の
顔を思い浮かべながら探したのだが○○○○○は気付かなかった。
著作者なので当然といえば当然だけど、たしかにピッタリのイメージ。

最初からそれを聞いていても良かったのだが、自分なりに一回作ってみた事は無駄ではないと思う。

他二人も具体的な名前あがる。軌道修正していく。

ただし、実際の挿絵にはあまり登場人物の姿を描くことはせず、少ない露出にしていくつもり。
あまりイメージが限定されるとつまらないだろうから。

キャラクターイメージ作りは、あくまで私の中で作品の世界感を掴むための手段。



スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。