スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11/30-12/03挿絵記録・日下文個展

明日から 友人の 日下文さん 日本画展 <今昔>
12月04日(土)~12月14日(火) 11:00~19:00(最終日16:00まで)
亀山画廊 http://kameyamagarou.sakura.ne.jp/information.html(水曜休廊)
で始まります。  ※作家在廊日 12/4.5.11.14日

絵に対する情熱や真摯な制作にいつも刺激を貰っています。
チラッと今回出品作の写真を見る機会がありましたが
また新しい試みをされている様子で実に良いです。

全貌、楽しみ。





●12月03日(金)227話 『新宿・歌舞伎町の繁華街』
s227






●12月02日(木)226話 同僚たちの『視線は冷ややか』
s226






●12月01日(水)225話 猛禽類を逆さまにした形の『房総半島』がくっきりと目に映った。
s225







●11月30日(火)224話 『数本の注射器』 が汚物にまみれて
s224


11/30火曜日 学校の帰りにシネ・ギャラリーで<ザ・ロード>を見る。
世界の終末を描いた作品はたくさんあるが、これは相当に恐ろしさがグサグサきます。
最初っから重苦しい緊張感が続き体がこわばって背中がツリそうになるくらい。
怖い、ひもじい、寒い、臭い。生々しく見る側に伝わってきます。
終末映画の傑作。




スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。