スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島原発風評被害とヒロシマ

福島原発関連からの風評被害が出始めたことを受けて
伝えたい事があります。いろいろ書きたい事もありますが
ヒロシマ原爆で被曝した両親のことに絞り込んで書きます。


私は広島市出身でいわゆる被曝二世です。

原爆投下時、20代と若かった私の両親は爆心地から1.8Kmという
とても近い(静岡市でいうと静岡駅と浅間神社くらいの距離)
楠木町という場所で父、母、一歳の兄の3人は被爆しました。
hiroshima

爆心地との間に大きな建物があったおかげで
爆風の被害も少なめになり家屋は損壊こそしましたが幸いなことに大きな外傷も
ありませんでした。
この距離での生存者はかなり少なく奇跡的な状況のようです。

ですが 当然、被曝した放射線量はかなりのものであったと思われます。
(直後のヒロシマがどのくらいの数値だったのか。今、頻繁に報道されている
シーベルト単位で調べようとしたのだが的確な情報に巡り会えなかった。)

母と兄は郊外に疎開しましたが、憲兵であった父は被曝直後から2週間程度
市内を歩き回るという状態にありました。

当時は放射能そのものの概念がほとんどありませんでしたから防護する考えも装備もなし。
思えば最悪の職務です。
当然、放射性物質はさらに蓄積され、さらに食事からの被曝もあったでしょう。

さほど遠くない距離で疎開した母、兄も同様と思われます。

赤ん坊であった兄は残念ながら3ヶ月後に亡くなりました。
混乱の中で被爆と死因の因果関係はわからずということになっています。

が、父は晩年を除いて、すこぶる健康で一生懸命に家族を守って82歳で亡く
なりました。母は90歳の今も元気に過ごしています。
両親の場合は特殊で幸運な例であるかもしれませんが同様の体験をしながら健康で
長生きをした人、している人はたくさんいらっしゃいます。

そんなことで私はいま、こうして存在している訳です。
私もいままで病気らしい病気を一度もしていません。私の子供もとても健康です。
次兄とその家族も同様です。

当時ヒロシマには75年の間、草木も生えないだろうと言われていたのですが
現在の広島はご存知の通りです。

予断はゆるしませんが福島の今の状況は当時のヒロシマと比べる
ようなものではないでしょう。ましてや日本全土に深刻な放射能汚染
が広がることはないでしょう。


適当な楽観を押し付けるつもりではありませんが

人間も自然の浄化作用も意外に頑丈です。


福島原発関連の風評被害を広げてはいけません。実体も根拠もない
情報に惑わされてはいけません。

放射能汚染は恐怖ですが過敏に反応しないよう冷静に対応しましょう。

02/17-25挿絵記録・青山と5美大卒制展

●02月25日(金) 291話 『説得』
s291





●02月24日(木) 290話 『連絡』
s290






●02月23日(水) 289話 『一蓮托生』
s289

映画<ヒア・アフター>イーストウッド監督作品
DVD<空気人形>是枝監督作品





●02月22日(火) 288話 『リーク』
s288






●02月21日(月) 287話 『俎上』
s287

◆02月20日(日)入会して以来ほとんどなにも活動せず幽霊会員の状態だったので
このあたりで顔を出しとかなきゃイカンなというのと、たまには大都会の空気を吸いたいなと
いう事で前回ブログでも告知したラストレーター団体 e-space・カレンダー&ワークス展
(表参道アートスペース<リビーナ>)最終日に。

それぞれ第一線で活動している皆さんの作品のクオリティは高く、同業者の作品を見る
機会の少ない私は久々に刺激を受けました。

傾向としてはフルデジタルでの制作は減る方向にありアナログに揺り戻し、または併用
を模索しているというような印象。

お昼は会員で大学時代の同級生の小河原智子http://www.hoshinoko.co.jp/tomoko/さんと
(あれよあれよいう間にと似顔絵界の第一人者になっている。が、いじられキャラは当時の
まま変わらず)と会場の下にあったサブウェイサンドイッチで(初めて入った。静岡にもあるんかいな?)

その後、原宿、青山のイラストレーション系の画廊を廻る。

さらにその後、乃木坂の新美術館で5美大(武蔵美、多摩美、女子美、造形、日大)卒制展へ。
ともかく5美大だけでも膨大な作品量で大量の絵描き予備軍がいるのだなぁとあらためて思い
いったい、これから描き続ける人間はこのなかで何パーセントいるのだろうか?

なんてことを考えたりしました。




●02月19日(土) 286話 『思案』
s286






●02月18日(金) 285話 『揺らいだ』
s285





●02月17日(木) 284話 『読みはじめた』
s284

02/10-16挿絵記録・トライアル

告知です。

昨日15日より表参道アートスペース<リビーナ>にて「e-space」http://www.i-e-space.com/ の
カレンダー&ワークス展 http://www.i-e-space.com/event/calendar2011/
が開かれています。2/20(日)まで ぜひ!!

※私が所属しているイラストレーターの団体です。今回は出品していません。

●02月16日(水) 283話 『静岡県立美術館』 武藤との待ち合わせ場所にむかう恵子。
s283


●02月15日(火) 282話 『独自捜査を決行』
s282




●02月14日(月) 281話 『固い握手』
s281

◆風景画の資料集めのため安倍川上流までクルマで取材。その途中、市街から30kmほど上流の
有東木(うとうぎ)集落の近くの河原でトライアル車の集団を発見。
競技車を積むトランスポーター(ワンボックス車)が7、8台の中所帯。
以前、トライアルに熱狂していたワタクシとしては黙って通り過ぎるワケに行かず

いまどきのトライアル車を見せて貰う。
004
お~~! なんというシート高の低さと、車体の細さ。ガソリンタンクがフレームの中!!
見よ。このクビレの美しさ。
やっぱり乗り物のなかでトライアル車が一番うつくしいと思いますな。

乾燥重量が72kgだそうです。軽くなりましたね、私が最後に乗ったファンティックは
87kgだったと記憶しています。250ccのバイクが私の体重より随分と軽いなんて!
お、しかも水冷エンジンでディスクブレーキになっとる。



001
「初老が何しに来たんだぁ、あ~~?」とか思われたらイヤだなと恐る恐る近づいたのだが
驚いたことに皆さん、ほぼ同年代!!これは安心。

第一次ブームからずっと続けてやっていたのでしょうか。
高齢化がすすむトライアル界? もともと競技人口はかなり少ないマイナーモータースポーツ。
そのあたりの話は聞き逃したので、またこんど聞き出したいと思います。


そんなこともあって私の中のトライアル熱が再燃。だが、しかし私の脚は膝痛と痛風でボロボロ。
元はと言えば若い時のトライアルでの膝痛めつけが今の調子悪さの原因の一つと思っているのですが
それなのに性懲りもなく、またトライアルごっこがしたいの想いがふつふつと。
002
※写真は斜面を駆け上がろうとする参加者。トライアル競技としてはなだらかな斜面(崖)ですが
実際やってみると怖いですよ。




出来る範囲で楽しむ事はできないだろか。
出来そうだよな。そんな感じがする♪



車種は何がいいかな。やっぱりBetaかな♪バイクにお金かける
(公道走れないのに競技車は高い)からトランスポーターは軽トラで
我慢しとくか。ふふ。

とか、いろいろ夢想して楽しんでいるが実際やってみたら愕然とするほど
体動かんだろな~。膝も痛んじゃって。

さらに怪我なんかして 家族から「こういうのを年寄りの冷や水 言うんじゃい!」

となるのがオチかな。

夢想はグルッとまわって現実方面に着地しました。やれやれ。

003

でも、いまから季節良いし、またバーベキューがてら見学に行きますよ 私。



●02月12日(土) 280話 『行確(こうかく)』内部監察
s280




●02月10日(木) 279話 『上目遣い』※武藤自宅で悠介と対面。悠介持参の書類。
s279

02/03-09挿絵記録・なかなかね

新聞社の編集作業からすると、描き貯め最低限「もう困るよ~ちゃんとやってよ」
レベルである2週間分の12点前後で2ヶ月くらいず~と来てました。
担当の優しい山下さんにはいつも催促させてしまい、いやなエネルギー使わせてしまい
本当に申し訳ない状態でした。

学校も休みに入り、このところペース上げて回復傾向にあり。

えーと今、16点。

あら?

大した事無いな。

さらに他の点数多い手強い仕事との同時進行でこの一ヶ月はかなり慌ただしいことになりそう。
絶対に風邪ひかんぞ~!初老引き蘢りで 乗り切るぞ~~!

●02月09日(水) 278話 小桧山 『批判』 をする厳しい彼女の顔を思い浮かべた。
※綾子のキャラクター ややタレ目で可愛らしい感じ。宮沢恵子のメガネにツリ目のクール
ビューティーな設定との違い、軽率でちょっとユルさのある雰囲気で。
下書きとらずの一発勝負の生っぽい線になるよう心がけている。この表情になるまで
かなり描き直した回だった。

若い女性の肌のツルツル、すべすべした様子を表現するのには、いつも苦労する。
歳を重ねた男の顔は描き易いのだが…。

以前、造形の仕事をしていた時、岩肌とか樹皮のようなゴツゴツとしたものを
制作する時は誤摩化しが効くというのか作り易いのだけど、ツルツルな三次曲面を仕上げるのは
とてもデリケートで手数が必要な作業だったな。

と思い出しました。

平面でも、ほぼこの感覚と同じです。
s278






●02月08日(火) 277話 『賄賂(わいろ)』
s277






●02月07日(月) 276話 『献身的なボランティア活動』「臓器狩り業者」
「感染症のない子どもを選んでは連れ去って行く」
※綾子と現地の子供たちの記念写真を撮る悠介のイメージ。
楽しそうな綾子、子供たち無垢な表情と臓器売買の悲惨な現実の対比。
※のどかな雰囲気だすためザックリとした線で。
s276


◆02月06日(日)
110206

アイセルのヌードデッサン会 もともと参加者は年配の方のがほとんどだったが
最近は若い参加者が増えている。
細身でスタイルのいい、30代後半~40代前半のモデルさん

→ジロと待ち合わせて静岡文化会館の「ボタン展」。出品者ほとんど静デ関係。
力作ぞろい。会場サウナ並みに暑い

→ライブまで時間あったので、蕎麦や「つむらや」で軽く飲む、美味し!
蕎麦やで飲む酒はなぜだか2割増し美味い。

→「マキタさんとみっちゃんとこ」でビートルズコピーバンドライブ。カミさん合流。
音楽欠落者(踊り関係も欠落)の私でもそこそこ楽しめました。

→中華屋で紹興酒など飲んで締める。今日もよく飲みました。


●02月05日(土) 275話 『武藤の怒り』殺人事件の捜査中に内情を暴露されたことの不利益
s275
午後、グランシップ静岡デザイン専門学校卒制展「2011アラ・モード」へ
プロダクト科、グラフィック科の卒業制作作品鑑賞。
プロダクト科 呑気な連中もなんとかまとめましたね。の印象。
グラフィック科 毎年言っているような気がするがコンセプト空回り印象。4~5点見応えあったが
全体に作品力が弱い。見せ方の問題か?

●02月04日(金) 274話 『膝を崩したらどうだ』 
※捜査妨害したことを詫びる低姿勢の悠介。
s274


●02月03日(木) 273話 『ドア・スコープ』から外の様子を窺った。
※武藤宅を訪ねる悠介。
s273
静岡デザイン専門学校卒制展「2011アラ・モード」準備終日。
p科2年インテリアコースが担当した会場装飾制作物を搬入、設置
皆、楽しそうにテキパキと働くので(当たりまえなのだけど例年はそうもいかない)
担当者として久しぶりに気持ちが良く作業進行できた。

01/25-02/02挿絵記録・静デ卒制展

◆静岡デザイン専門学校の卒業制作展 「デザイン ア・ラ・モード2011
02/04~06 グランシップ(10:00~19:00)入場無料
※~17:00までと書いてました。修正。本日2/5日は19:00までやってます。
但し最終日明日2/6は17:00まで

卒制の担当外れているとはいえ、この一週間は準備に関わり慌ただしい日々でした。
皆で創っていく行程の高揚感はとても面白いとあらためて感じました。

あさってからです。是非。


●02月02日(水) 272話 『路上を見下ろした』 電話ボックス山崎悠介からの電話。
※20年前の話なので携帯は普及していない。武藤が持っているのも子機。
s272






●02月01日(火) 271話 『日常的な光景』 初老独り身、武藤の夕食。
※静岡駅ホームに実在する立ち食いそば屋をモデルに
s271






●01月31日(月) 270話 『窓辺に立つ』 捜査振り出し
s270








●01月29日(土) 269話 刑事課捜査陣は完全に 『手詰まり状態』 となってしまった
s269

2011アジア杯 延長後半 長友の花束をささげるようなクロスに李の美しいボレーが決勝点となり 優勝~。

↑ というように4日たってからなのであっさりとした記載になりましたわい。
やはり、すぐに書かんといかんね。





●01月28日(金) 268話 『刑事が靴底を減らして』
s268






●01月27日(木) 267話 『女性鑑識官』
s267






●01月26日(水) 266話 『犬』
※おそらく渥美さんがお好きなのでしょう。ビートルズの『ア・デイ・イン・ザ・ライフ』
という曲についての語りの回。

ラストに『犬』にしか知覚できない、十五キロヘルツの信号音が19秒間、流されているとの解説も。

これも山梨から帰ってすぐに描いたもの。友人宅シベリアン・ハスキーの邪悪と善良が良い感じに
同居している風貌が気に入っていたところに 『犬』のお題(自分で決めているのだが)
「おっ! 犬 →シベリアンハスキーが描けるぞ。ふふふ。」ということでした。

s266





●01月25日(火) 265話 『線香が燃え尽き』 武藤の亡くなった妻・敏恵に語りかける様子。
s265
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。